本文へ移動

求人施設紹介

施設訪問について

・・・face to face 顔の見える関係作りを大切にしたい・・・
 
 施設を実際に見て、院内・施設内の様子を肌で感じ、
 管理者やスタッフの方のお話を聞いて、求人だけではない細かな情報を知り、
 「つながり」続けていけたらと思っています。

新型コロナウイルス感染拡大にともない、訪問時の他に、来所いただいた求人施設についても掲載させていただきます。(2021/7/31記)

これまで訪問した施設はこちら(2020/3まで)

スマホ画面のサイズで表示しています。
パソコン等では「拡大地図を表示」をクリックしてください。

訪問活動の記録

RSS(別ウィンドウで開きます) 

テンハート訪問看護ステーション(名古屋市)

2020-11-30
カテゴリ:名駅支所,R2
11月30日(月)に「テンハート訪問看護ステーション」にお邪魔しました。
 
テンハート訪問看護ステーションは、金山総合駅近くにある訪問看護ステーションです。
現在、下記の内容で募集しています。
 
・9時~18時の間の1日2時間以上、週1日以上勤務ができる方
・木曜日、金曜日、土曜日の午前中に勤務できる方を積極的に募集。
※上記以外でも相談可能
 
看護職のワーク・ライフ・バランス(WLB)に取り組んでいます。
訪問看護が未経験の方や看護師のブランクのある方も大歓迎とのことです。
 
対応いただいたスタッフの皆さま、ありがとうございました。

セントケア中部(名古屋市)

2020-11-26
カテゴリ:名駅支所,R2
令和2年11月26日(水)に、(株)セントケア中部の2施設にお邪魔しました。

○セントケア訪問入浴
 
訪問入浴は、看護職を含め3人一組で利用者のご自宅に伺い、入浴を提供するサービス事業所です。
 
看護職の業務は、利用者の血圧や体温などのバイタル測定を行い、基準に基づいて入浴の可否を判断します。
そして、介護職の方と協力して利用者の移乗や入浴の介助(衣類の着脱、洗髪、洗身、場合により清拭など)をし、再度バイタル測定して、最後に記録をします。
 
利用者の浴槽などへの移乗は、男性スタッフが中心で看護職は補助をすることが多いそうです。
 
特徴として、訪問入浴の看護職は、医療行為、例えば吸引や注入、導尿などの行ってはならないことです。
入浴時に医療行為が必要な方は、訪問看護師と一緒に実施したりするとの事です。
 
看護職は、40歳・50歳代の方が多く、皆さんとても元気に、長く働いていらっしゃるそうです。
 
入浴は、体が清潔になるだけでなく、気分が爽快になりリラックス効果もあるため、利用者の方はとても喜ばれるそうです。
 
少しでも興味を持たれましたら、一度話を聞きに来てください。
 
訪問入浴についてとても分かりやすくお話しいただきました、係長の赤堀様ありがとうございました。
 

 
○セントケア中川看護小規模多機能
 
看護小規模多機能は、医療が必要な状態になっても、在宅での生活を望む方に、「通い」「泊り」「訪問」のサービスを、おひとり毎のオーダーメイドプランを作成し、看護・介護のサービスを提供する事業所です。
 
施設基準により、登録者数や、通い、泊りの人数が決められており、登録者すべての方の個別の希望を聞き、必要なケアや看護をマネジメントして実践しています。
 
1日の勤務表を拝見しましたが、スタッフ1人1人がばらばらの時間で送迎したり、訪問したりしながら、通いの方たちのケアも行うことができるよう細かく計画されていました。
 
ご自宅にみえる方にも買い物や掃除、食事作りなど、短時間で利用者の方に必要な支援をしています。
通いや宿泊の方の食事はすべて手作りで、施設の厨房でおやつなども作ります。
 
お風呂は、椅子に座ったままで浴槽にはいれる機械浴や、普通の浴槽に入った時に小さな窓からお庭が見えるようになっています。
 
「医療」と「在宅」の中間施設として、利用者と看護職・介護職の距離がとても近く感じました。
 
看護小規模多機能の事や業務内容など、具体的にイメージしやすく説明いただきました、所長・管理者の栗本様、本当にありがとうございました。

岩屋病院(豊橋市)

2020-11-13
カテゴリ:豊橋支所,R2
11月13日(金)に「医療法人 岩屋会 岩屋病院」にお邪魔しました。

岩屋病院は、昭和9年から精神病院として豊橋市で精神科医療に従事しています
平成28年新病院開院、病床数325床となりました(精神145床、精神療養180床)。
 
最近では、うつ病・認知症等、精神疾患患者の増加傾向から、病院の果たす役割も変化してきているとのことです。
そのため、「岩屋病院アルコール&覚せい剤再発防止プログラム(IWARPP)」、退院支援、訪問看護によるフォロー、就労支援といった社会参加を応援しながら医療提供に励んでいます

また、患者さんを加害者にさせないために、CVPPP(包括的暴力防止プログラム)を研修で学び習得するようにしています。
【CVPPPとは】
Conprehensive Violence Prevention and Protection Programme
身体的な暴力行為を物理的な力で抑止するのではなく、暴力発生の予防から辞退が起こった後に生じるフォローまでの系統的かつ包括的なプログラムで5項から構成。
1.リスクアセスメント(risk assessments)
 暴力のリスクを予測する
2.ディエスカレーション(de-escalation)
 コミュニケーション技術により相手の興奮、攻撃性を鎮める
3.ブレイクアウエイ(brake away)
 突発的な攻撃を効果的に振りほどき、離脱する
4.チームテクニクス(team technics)
 対象者を安全に抑制し、移動できる技術
5.ディブリーフィング(debrifing)
 暴力事態の後、対象者、スタッフ双方の心理的サポートを行う
 
この研修を時間内に毎月実施しているとのことです。
 
訪問した際は、看護部長の飯伏多喜雄様、人事課の金子靖枝様が対応してくださいました
お忙しい中、お話を聞かせていただきありがとうございました

長屋病院(豊橋市)

2020-11-10
カテゴリ:豊橋支所,R2
11月10日(火)に「医療法人 善恵会 長屋病院」にお邪魔しました。
 
1900年、豊橋市に(医)善恵会 長屋病院が誕生し、100年の間、地域に根付いた外来診療(ファミリードクターとしての総合診療と健康相談・健康診断・予防接種等)訪問診療・入院診察等に取り組んでおります
病院(医療施設)と介護施設が地域の皆様を中心とし、情報を共有しながら必要な時に必要な部分をサポートさせていただくシステムになっているとのことです。
 
最大のポイントは、同一施設内での医療と介護の包括サービスを提供していることです
そのため、各階が次のようになっています。
1階:地域包括支援センター、デイケアセンター、デイサービスセンター、訪問介護リハビリ
2階:一般病棟(46床)
3階:グループホーム
一般病棟では、気管切開の患者さんや呼吸器装着中の患者さんなど緊張感をもって看護にあたっています。
また、口腔ケアを、歯科衛生士と看護師が積極的に取り組むことにより誤嚥性肺炎減少するといった看護研究発表もしています。
 
明確な目標に向かいみんなで協力して進んでいます、是非一緒に働きましょう」とのメッセージをいただきました。
訪問した際は、事務次長の長屋木綿子様と統括看護部長の兵藤よしゑ様が対応してくださいました
お忙しい中、お話を聞かせていただきありがとうございました

in  弥生病院(豊橋市)

2020-10-29
カテゴリ:豊橋支所,R2
令和2年10月29日(木)に、「医療法人羔羊会 弥生病院」にお邪魔しました。
 
弥生病院では、一般病床90床・回復期リハビリテーション病床40床の内科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、眼科の診療科目を開設し、医療活動に取り組んでいます
リハビリテーションを含めた「総合医療」に努めており、施設の清掃・環境整備に力を入れています。
 
「人材は人財」と考え、働くスタッフの相談ごとにものってくださるアットホームな病院です。
夜勤時は食事も出ます。
 
訪問した際は、総看護師長 中根洋子様と事務長 浅井孝之様が対応してくださいました
お忙しい中、お話を聞かせていただきありがとうございました
1
9
2
6
2
6
TOPへ戻る