本文へ移動

求人施設紹介

訪問活動の記録

医療法人杏園会 熱田リハビリテーション病院(名古屋市熱田区)

2021-10-11
カテゴリ:本所,R3
名古屋市熱田区にある「医療法人杏園会 熱田リハビリテーション病院」についてご紹介いたします。

~「疾患」だけではなく「退院後の生活する人」を見るそれが回復期リハビリテーションの看護~

10月12日 熱田区にある「医療法人杏園会 熱田リハビリテーション病院」の田中看護部長さんと採用担当の人事課の辻さんがナースセンターに来られました。

熱田リハビリテーション病院は、160床の回復期リハビリ134床と地域包括ケア26床の病院です。
施設の特性であるご高齢の患者さんや高次機能障害の患者さんが多く、「患者さん一人ひとりの人間性を尊重し、その人らしい生活を幸せに送れるよう、心のこもったサービスを提供します。」が看護部の理念です。

看護スタッフが働き続けられるように、この5年間をかけて、様々な職種と連携し、看護職員の負担の軽減及び処遇の改善に資する具体的な取組を行ってこられたそうです。主な取り組みは、看護補助者の夜間配置、育児短時間勤務の導入、多様な勤務形態の導入、子育て中職員の夜勤減免制度の導入などです。
そのため、残業が少なく、お休みも年間120日と働きやすい環境が整っています。

また、有経験者の方の入職が多いため、入職後に定期的に看護部長が面談を行い、施設への意見などを自由に言える機会を設けているそうです。スタッフ一人一人を大切にしていることがうかがえました。

施設としては、駅に近く立地条件が良く、杏園会グループとして、病院のほかに老健、老人ホームなど多くの系列の施設があり、様々な働き方ができます。

「私たちの施設を知ってから働いてほしいので、ぜひ、見学を」と、採用担当の辻さんからも熱い一言をいただきました。

お二人のお話から、患者さん、そしてスタッフ一人一人を大切にしていることが伝わってきました。
1
9
2
6
2
6
TOPへ戻る